• fhlabo

iPhone/iPad 海外利用のときに気を付けることは?

今回はiPadを海外で使うときに気を付けることは何があるかという質問を受けましたのでそのことについて書きたいと思います。


海外でいつも通りにスマートフォンを使用していると知らないうちに使用金額が高額になってしまいます。日本で通話し放題・パケ放題で契約した携帯電話を海外に持って行ったとしても海外では『渡航先の電話機能』を『日本の通信会社を通して』利用するという形になり日本での契約状況が適用されません。


少し詳しく見ていきましょう。


『渡航先の電話機能』を『日本の通信会社を通して』利用する、これは『データローミング』という機能になります。

データローミングとは現在契約している会社の電波(docomo、au、softbankなど)が届かない場所へ行ったときに各会社が提携している現地の通信会社の電波を利用して通信を可能にする機能のことです。通常はそれぞれの会社の電波しか受信しない仕組みになっています。このデータローミング機能を利用すれば海外でもスマートフォン・タブレットを使って通信が可能になるというわけです。

知らないうちに通信を行い、データ使用料が高額になるのはこのデータローミング設定が『ON』になっていることが原因です。

なので渡航前には必ずデータローミング設定を『OFF』にしておきましょう。

設定方法はそれぞれの機種で違います。今回はiPhoneの設定を一つ書いておきます。


『設定』→『モバイルデータ通信』→『OFF』にする


これで現地の電波を利用してのデータ通信を防ぐことができます。


ただ、データローミング機能を『OFF』にすると現地では通話もデータ通信も行うことができません。現地でデータ通信を行うには渡航前にそれぞれの会社の『海外パケット定額サービス』に加入や『ポケットWi-Fi』をレンタルするなどをしておく必要があります。

これらはみなさんが契約されている会社に問い合わせればさらに詳しいことを教えて頂けます。


渡航前には必ず一度問い合わせをされることをオススメします。


山口県周南市栄町2丁目39
早坂ビル3 4階FHL
Future.Hatch.Laboratory
0834-34-0466

© Copyright 2018-2020