• fhlabo

迷路ゲーム 応用


今回は当教室で勉強している迷路ゲームを応用した作品を紹介します。


作成してくれたのは周南市徳山に在住の小学5年生の女の子です。


今回作ってくれた作品はスタート地点から壁に触れずにゴールの宝箱までたどり着くというものです。

ちなみに移動はキーボードの矢印キーを使います。


この作品の工夫されているところはコーナーまで移動したらキャラクターの向きがしっかりと変わるところです。
































最後は一回転し「ゴール」と言います。


ここまでに勉強した「考え方」がしっかりと反映された作品になっています。

最新記事

すべて表示

プログラミング教育をどう活かす? 1

2018年もあっという間に半分が終わりました。 ワールドカップ、盛り上がりましたね。 今日はプログラミング教育をどのように活かしていくかを考えたいと思います。 今日の話題はすべての方に当てはまるわけではありませんのでご容赦を(私独自の考え方も含まれています) プログラミング教室でプログラミングを学ぶことの意味がわかりませんという質問をいくつか頂きました。まず、当教室のプログラミング講座は『プログラ

山口県周南市栄町2丁目39
早坂ビル3 4階FHL
Future.Hatch.Laboratory
0834-34-0466

© Copyright 2018-2020